イマザビルがダントツに安い | ケイピンエース

そこでケイピンエースが葛退治には良いと知りましたので購入!本日電動ドリル(1.5ミリ)で穴を開けケイピンエースを小さいハンマーで軽くたたき込みました。駐車場の周りのクズの除草用に購入。そこで色々な情報から「ケイピンエース」にたどり着きました。

イマが買い時♪

2018年01月04日 ランキング上位商品↑

ケイピンエース イマザビル除草剤 クズ・木本性 つる類防除剤 ケイピンエース 50本入 (イマザビル剤)

詳しくはこちら b y 楽 天

葛の除草用に購入しました。これは期待出来ます。今までは刈り払い機で出てくる葛を退治していましたが…、彼ら凄いんです…。葛の勢いにやられ、植えた松の木などがひどい目に遭っているので、購入。ありがとうございました。ネットでは冬がオススメ(根が見つけやすい)とういことなので、冬になったら試すつもりです。マッチの様な感じで軸が軟らかと思ったら固く使いやすいです。仕方なく根を掘り起こしていましたが!あまりに大量であきらめ!除草剤を探していたところケイピンエースがみつかり!早速購入しました。前回初めて購入し効果が見受けられたためリピートしました。埋め込み作業にドリルを購入するなどがありましたが、効き目はOK!庭のおかめ蔦を退治できました。若干枯れ始めてきました!。。しつこいクズもしっかり枯れます。ニンマリしながら眺めています。その方はキリで穴を開けて指すと言っていましたが、私は電動ドリルで細いものを使用します。まだ使用していないのですが様子を見て使おうと思っています。今まで葛と刈払機で戦ってきましたが。ケイピンエースをまだ差していないところは葛が育ち始めてきたので、急いで今回の購入分を使います!プレゼントのアームカバー使わせていただきます。来年のケイピンエースの効果が楽しみです。以前は、専用の錐もあったようですが、今は様々な代用できる器具があるので、そちらを使おうと思っています。自宅隣地(空き地)からの長年にわたる葛との戦い。遊休地の畑に雑草が生い茂り、さらに「くず」が進入、大変な状態になっていました。50本が思ったより早くなくなってしまいました。リピートです。畑の管理が楽になりそうです。また除草剤を使用してみましたが!枯れるのはその時だで次の年また葛が生えてきます。他の雑草などもあるので一度除草するか?春先辺りに一気に行うかが悩みどころです。前回注文した分は1週間ほど前に使い切ったので!再度購入しました。上手く行ったものがほとんどですが、たまに、余り効果がないものもありました。コンパクトで!輸送代金がお安くなるのも助かります。コスト面に優れ!実績ある薬なので今回も期待しています。去年購入して自分の土地はほとんど枯れたのですが、隣りの土地の分です。我が畑とそれを囲む斜面から葛を追い出す作戦に良い味方となります。家では蔦が太いのでドリルで穴開けして使いました。敷地が隣の人に教えられました。某除草剤(なんとかアップ)なども太刀打ち出来なかったのに…。何かいいものはないかと見ていたら載っていたので早速注文しました。家の裏庭が葛の無法地帯と化しているので地道にケーピンエースを差し込んでいます。翌日には何も無かったように延びてます。親の代から山林の葛の除草にはケイピンを使っていましたが、当時から非常に優れた効果だったと言われていました。しかし!葛はかなりの難敵ですので!これは有用です。長年クズの処理は!つるの部分を切っていましたが!切っても切ってもあちこちに伸びてきてしまい!液体の除草剤を試したのですが!効果が無い為!こちらの商品に辿りつきました。1週間前に差し込んだ範囲は葛が育っていないです。この薬が登場して40年は経つと思います。残った葛を退治したいと思います。刈れば刈るほど勢いがまして葛が増えます。50本入っていますが、土の中を這うように太くて長い根(芋?)を見つけると、やはりさせるだけ刺したくなり、すぐになくなってしまいました。当時この薬で根絶した葛も、さすがに40年経過してまた蔓延してきましたので、この春防除することにしました。とりあえず古くからある根部分に設置した所!約1週間…。この時期でも若葉が出ていたのですが、霜のせいではないと思いますが、しなっとなって枯れました。また這ってきてしまわないように。穴をあけて差し込むのは!液体の除草剤に比べると少し手間が掛かるのが難点ですが!効果があるのならば仕方がないと思います。刈る時期回数など研究してみましたが葛には敵いません。本格的作業に入る前にいくつかまとめると…。雑草は草刈機で刈れますが、「くず」は刈っても地下に根が残り退治出来なくて困っていました。雨続きで使用できていませんが!レビューが良いので期待したいと思います。つる草が伸びて困っていました。もちろん効果は覿面です。根(茎?)に刺すための穴をあけるには「キリ」+「電動工具」で効率化!そして各所に点在する根の位置の確認が問題です。